リハビリテーション

ゆう訪問看護ステーションでは、理学療法士や作業療法士によるリハビリテーションサービスを提供しています。痛みや筋力の低下、病気などが原因で日常生活が困難になった利用者様に対し、身体機能や生活状況、生活環境を総合的に評価した上で、適切なリハビリテーションを行います。

チーム制のメリット

当ステーションのリハビリテーションでは、1人の利用者様に対し2人以上のスタッフで担当するチーム制を採用しています。チーム制にすることで、幅広い目線でリハビリを考え、より適切なリハビリを提供することができます。訪問回数が週1回だけの方や、利用者様や家族様の希望によっては、担当制でリハビリを提供させていただくこともあります。

チーム制にすることは、スタッフにとってもメリットがあります。スタッフ同士で利用者様の情報を共有し、ディスカッションを通してより適したサービスを考えることができるので、スタッフ全体のスキルアップに繋がります。

またスタッフが体調不良等で訪問ができない場合でも、チームのスタッフが代行で訪問することができるというメリットもあります。

 

いままでにリハビリテーションを実施した利用者様の疾患

脳卒中後遺症(脳出血、脳梗塞)、くも膜下出血、大腿骨骨折術後、脊椎圧迫骨折後、頚髄症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、気管支拡張症、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、他系統萎縮症、変形性膝関節症、変形性股関節症、関節リウマチ、椎間板ヘルニア、側弯症、五十肩、加齢による廃用症候群、糖尿病などの内科疾患、他

リハビリテーションの内容

当ステーションのリハビリテーションでは、主に以下の内容についてサービスを提供しています。担当するスタッフによって実施する方法はさまざまですが、利用者様に関わるすべてのスタッフが同じ目的を共有した上で、利用者様に必要なリハビリテーションを実施いたします。

 

  • 血圧、脈拍、体温、酸素飽和度等のバイタルサインの確認
  • 歩く、起き上がる、立ち上がる、座る、階段昇降などの動作練習
  • 拘縮予防・痛みの緩和のためのリラクセーション
  • 食事、着替え、入浴、トイレ動作などの日常生活における動作練習
  • 杖や車いす、介護ベッドなど福祉用具の選定や調整
  • 住宅改修に関するアドバイス
  • ご家族様への介助方法の相談・アドバイス  など

 

リハビリテーションではできないこと

リハビリを実施する上で、以下の内容等リハビリテーションサービスに関係のないことについては実施できませんので、ご了承ください。

  • 買い物
  • 掃除
  • 洗濯物を干す
  • オムツ交換
  • 点滴の調整
  • 薬の管理
  • 傷の処置

※ただし、着替えやトイレ動作など、リハビリを実施する上で必要な介助はさせていただきます。

 

リハビリテーションスタッフ

当ステーションでは5人の理学療法士・作業療法士が勤務しています。

理学療法士:男性3人、女性2人
作業療法士:女性1人

 

一人ひとりに適したリハビリをご提供します

ゆう訪問看護ステーションのリハビリでは、1人の利用者様に対して複数のスタッフが関わってサービスを提供しています。

リハビリスタッフ1人では、見落としてしまうことでも、
複数のスタッフで利用者様を見ることで、
幅広い目線で利用者様のリハビリを考えることができます。

利用者様とご家族様の希望やニーズに合わせて、
チームスタッフが一丸となって適切なサービスを提供いたします。